上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーリングテストはとても便利です。

その事柄についてのイエスかノーが思考とは関係なく判断出来るのです。
自分にとって良いか悪いかをすぐに区別できます。

例えば本日の電話のかかってくる回数や、また何時頃にかかってくるか
などこのオーリングテストによってわかるので。

電話相談の時などの時など車の中でも一つ一つ人体図をイメージしながら出来るのです。

そして自宅で振り子測定で再度チェックしていきます。

私の同僚にもオーリングテストのやり方を教えております。
覚えやすいので結構みなさんやってみてるそうです。

もちろん当たりの確率はその時の心の調和の度合いにも関係してきますが。

自分で判断するのに迷ったときなど有効活用されたら便利かと思います。

もう占いなどは必要ありません。

なぜなら自分で判断を出来てしまうので。
スポンサーサイト
2011.12.10 光の振り子
最近になって振り子を使わないで心の眼でもみれるようにしています。

これはとっさの時などに良いか悪いか、プラスなのかマイナスなのかを判断する時に心の中でみています。

精度はそのときの心の状態によって違いますが、必ず太陽の意識のエネルギーと自分の意識のエネルギーか゛調和できるように光につつまれた中で心の振り子をイメージしていきます。

その後、光の振り子とのチューニングをするようにしています。

チューニングをすると測定盤をイメージして光の振り子を±0にあわせて測定をしていきます。

光の振り子ですから振り子自体も太陽のように光で満ち溢れているようイメージします。 

最初はぶれますが慣れてくると心の中で測定するので普段の振り子よりも即、判断できるようになります。

私のやりかたですが測定盤も光の測定版でイメージすると良いかなと思います。


将来的にはひょっとすると心の中でエネルギー転写もできるかもしれません。

心ひとつで全てできるようなればすばらしいことだと思います。
今回から私がSE研究所のノウハウでいろんな出来事、体験したことを紹介していきたいと思います。

先日の事です、70代の女性の方からの相談です。

内容は部屋にいる時にいろんな人の声が耳に入ってくるというのです、それもその方ご本人に対してのひそひそ話が聞こえてきていてもたっても居られなくなり、怖いのでどうしたらよいかという相談です。

私はその方にどんなひそひそ話ですか?と尋ねると、自分の悪口をみんなして周囲にうわさ話をして怖いというのです。

しかも、自分の部屋で一人で居るときに聞こえてくると言うのです。
もちろんひそひそ話なら外で直接聞いたのですかと再度尋ねたら、そとではなく部屋の中まで聞こえてくると言われるのです。


不思議なことです。


普通ならば一人で部屋にいるときなどは他人の声など聞こえてくるはずもありません。

この現象は肉眼では見えない何らかの霊的なエネルギーがその方に対して作用を起こしていると思いました。

もちろんその方の心の中も曇っているので引き寄せてしまっている状態です。

なので波動調整も大事ですが、とにかく一刻も早くその方に付いている霊的なエネルギーを切り離さすことが先決でしたので心の曇りを取り除く瞑想を勧めてみました。

ご本人さんも瞑想は生まれて今までやったことの無い方で、最初はいやいやながら承諾したような感じでした。

その方は高齢者なので座って足は組めませんので椅子に座ったやり方でやりましょうと説明しました。

瞑想する場所には必ず結界をつくりその中で今自分の心の中の恐怖に感じていることや不安なことを思い起こしていただき口から出すという方法です。

私自身、これでどうなるかはやって終わってみてからではないとなんとも言えない、ただ今はこれしか方法は無いなと感じていました。

ようやくご本人さんが瞑想をされてすぐの出来事です、また誰かが私のうわさをしていると突然声に出しました。

びっくりです。

私の部屋は高エネルギーの結界をはっていますし、ガラス窓はありますが二重サッシなどで外からの声や音は入ってきません、しかも私とその人の二人しかいません。

私はその方に今は私とあなたとしかここには居ませんよと言いました。
その方もそれには自覚しているみたいで、何で聞こえてくるかふしぎだなぁと言われました。

多分、霊的なエネルギーがその方とコンタクトをとっているのでしょう。

もちろん私には聞こえてきません。

となりで瞑想の方法をその方のご本人さんご自身の心に目を向けてもらうように繰り返し繰り返し、さとし言葉で誘導しました。

それでとりあえずはじめは10分間で様子をみました、そして10分後アラームがなりました。

けれどご本人さんは集中しているのでしょうかそのアラームに気づかない様子でした。

それから、かれこれ30分たったところで声かけて目を開けてもらいました。

なんだか頭がふらふらすると言われたので少し落ち着くまで休憩しましょうと言いとりあえず今日はここまで限界かなと思い、帰って様子を見てもらうことにしました。

私も心配だったのであくる日その方にお電話して聞ていてみたところ声はしなくなったとのことで一安心しました。

また、後日、心のあり方を説明するのでということでまた今後も心の浄化も進めて行く事になりました。


今回の不思議な現象は全て自らの想念の曇りによって生じている為であって、心に曇りが無く光がある人ならば霊的な作用も起きない。

不安や恐怖の心もまた心に大きな曇りをつくってしまう、そして霊的なモノも引き寄せてしまう。

それが原因。

その曇りを作り出しているのも自分自身だと知らなければなりませんね。




2011.04.09 波動②
前回のつづきです 

波動が高いと何故良いかですが

これは私たちの心の源である宇宙に蔓延している愛と慈悲である調和された善なるエネルギーを
ダイレクトに自分自身に受け取ることが出来るのです。

その逆に波動が低いとその源となる宇宙からの善なるエネルギーをその分だけ受け取ることが少なくなります。

では、波動か゛高いとどう良いのかですが。

私もよくあるのですがとにかくタイミングがよくなる

職場での環境もよくなり仕事しやすくなる。

過去に出会った方と偶然ばったり出会う。

いつも感謝しながら生活を送れる

などなど様々な形で自分自身にとって良い事が続いて起きる様になりす。







仕事が終わって、会社の方と雑談の中での話です。

タバコのやめ方の話になったんですが、(以前は実際に私も吸っていた時期があります)
どうしたらやめれるだろうかと聞かれましたので少しこれについて自分なりのやめ方を説明しました。

いろいろな禁煙グッズもあるみたいですが、それらはおいとまきして。

まず、タバコの捉え方、物の見方になりますがここらへんを簡単に説明します。

この考え方で実際にやめられた方がおられます。

タバコを吸っているときによく見てみてください、たばこはただの煙なのです。肉眼でみると白い煙にしかみえません。
当然のことです。

ここが重要なのです、ただの物(煙)と見るか、感覚で見るかの違いです。

仮に物としてみた場合にはただの煙でしかないので自分にとってその煙が如何でもよいと思うはずです。
しかし、もし吸ったときの感覚で見ている場合は、その吸っているタバコが自分にとって価値のあるものだと錯覚してしまいます。

しかし、タバコはストレスの数だけ吸うことにもつながっていきます。

いわば、自分の心の状態の乱れからタバコに執着をもつのです。

タバコを吸っていても体にも心にもマイナスです。

最近はタバコの値段も上がったと聞きましたので財布の中身も当然マイナスになりますよね。

ただの煙としてみるのか、それとも吸ったときの感覚でみるのか考え方一つです。

こんな内容で説明させてもらいました。

よく、あなたは意思が強いからやめれたんだよ、とかよく耳にしますが確かに意思も大切なのですが
そりよりも重要なのは物の見方の考え方なんですよね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。