FC2ブログ
2010.08.30 心の傾向性
心にも癖のような傾向性が誰しもあると思います。

その癖とは各個人様々です。

落ち込みやすいタイプだったり、人の文句や人を批判するタイプだったり、また嘘をつくタイプだっりなど色々考えられます。

それがいわゆるカルマなのかもしれません。

重要なことはその事に自分自身が気づければよいのですが、大抵は見過ごしがちです。

それが個性が心の中に含まれる苦しみだもと考えます。

私たちはその苦しみをいかに無くして行くかが問題です。

汝、我を知れという言葉がありますが、それは嘘のつけない自分自身の心に聞けということだと思います。

他人には言葉でいくらでも嘘はつけますが、自分自身には絶対に嘘はつけません。

その嘘のつけない自分自身の心とよく相談するような感覚でもよいので聞いてみてください。

不思議と自分の間違っている考え方や行いを見つけることが出来ると思います。

それが己を知るきっかけになると思います。


また、これまでの人生の中ですぐに感情を中心とした考え方や行いなどが無かったかを思い出す事も必要だと思います。

心の癖はこれまでの人生生活の中での殆どが目や耳などから入ってくる情報処理の思考パターンでもあります。

人間には感情があり、その中で自己の確立をしていかなくてはなりません。

それが今日この世に生まれ、心の歪みを正していくことが前世などからのカルマを克服する役割も担っていると考えます。

それがまた、人生の目的と使命だと思います。

仮に人から自分に都合の悪い何かを言われたり、聞いたり、見たりしたとしても自分自身の感情ですぐに心を曇らせてはいけません。

感情中心で物事の判断をしない、常に冷静な心を持つことが必要です。

理性は感情が高ぶると理性の機能が果たせないので正しく判断することがむずかしくなります。

まず、自分の欠点を見つけ出し冷静な目で自分というものが何なのかを見つけてみてください。
スポンサーサイト